僕は中学生時代

ギターを始めました。

 

当時はサッカーをやっていたのですが

運動音痴で万年補欠でした。

 

親も辞めさせてくれず

(やると決めたことは一区切りつくまで辞めるな!

が我が家の教え)

 

自尊心のないコンプレックスの塊でした。

 

世間のバンドブーム

これだ!と思い

 

叔父さんにギターをタダで譲ってもらい

教えてくれる人が1人もいない状態でのスタート。

 

 

周りより完全に後に始めたにも関わらず

地元の同級生、先輩をごぼう抜きしました。

 

 

そして全国大会に出て、テレビにも出て

CDもプロの環境でレコーディングしました。

 

 

なにをやったかというと

 

 

 

テレビの前に立って

好きなアーティストのDVDを流しながら

ひたすら真似する

 

 

これだけです。

 

 

技術的なことは教わったことがありません。

 

 

でもただ真似するだけじゃなくて

姿勢、足の角度、指の動かし方、ギターの位置

全てそっくりパクる

 

 

その人そのものになるくらいまで真似る

 

 

上手い人やプロの真似すればその辺の奴とか簡単に抜けます

1年でです

たった1年

 

 

それだけ真似はコスパがいいのです。

 

 

僕らの仕事で言えば

売れる人にはある共通点(テンプレート)があります。

 

 

話し方、仕草、立ち振る舞い

 

 

それをトコトン真似しましょう。

技術も一緒ですが

 

 

真似真似真似真似オリジナルくらいでいい

 

 

いきなりオリジナルでやっても失敗します。

 

 

その人が自分に憑依するくらい真似してみると

 

話し方、仕草、立ち振る舞いが

 

売れる人に近づいていきます。

 

 

そこまで行ってからオリジナル出しましょう。

 

 

そこまで行けばあなたの良さが生かされます。

 

貴重なお時間

ありがとうございます。